2006年01月22日

「わかったか霧山」

又来さん(ふせえり)


「無理してやらなくていいですよ。ね」


プシィー。フピィー。





できません。





時効警察


第二話 “偶然も極まれば必然となると言っても過言ではないのだ!”





山村がじろう刑事(佐藤蛾次郎)が三日月君(麻生久美子)に近づく中、


手をパシッと払う霧山君(オダギリジョー)。三日月君、嬉しそうだよぉ。


今日はメガネ無し。日曜日だね。








霧山君


「女性は陰があった方が魅力的だってよく言うけどね」


あー、そっち持ってっちゃダメー。





三日月君


「いいの、いいの、ブライアンイーノ」


つくづくね、ozyこと胸キュン刑事のハートを盗んでいきますね。








十文字(豊原功補)


「何で俺がトイレに手帳を置くんだよ。バッカバカしい」


小走り小走り。あ、走りだした。


十文字疾風、現在トイレに急行です。








霧山君


「三日月君ってさ、すごく女性らしいと思うんだよねぇ、はーい」


だぁー、そこで例えに入れちゃあぁー


ダミェー。








証拠品をこっそりバックに入れる三日月君


「ヘヘッ」





許す。






2006年01月16日

サンデーメガネ

霧山修一朗(オダギリジョー)


「やっぱ、日曜日にメガネ掛けるっていうのはどうもなぁ」


日曜日は日曜日用のメガネでしょ。





三日月しずか(麻生久美子)


「ねぇ、日曜日にメガネを掛けるとイギリス人っぽいの?」


ようするに、ジェントルマンってことですかね。





いいなぁ。このふにゃーんな感じ。


好きな作品って一話目で、もうお気に入りになってるんですね。


一話ボレしました。





時効警察


第一話 “時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ”





刑事課の若きエース、十文字さん(豊原功補)


親近感あるわ。まずカタチから入るところ。


刑事といえば、やっぱりトレンチコート。眉間にシワでしょ。


寒い冬の張り込みで白い息を吐く、


“男の張り込み”ですね。





くぉぉ、婚姻届が光っとるわー。


しずかちゃんアイですよ。家に持ち帰ってるしね。


「霧山しずかさーん。はーい」


夢みてるしね。


霧山君も言われたとおり、きっちり折り鶴作ってました。





霧山君


「最初にお断りしておくと、これは私の個人的な趣味でお話を伺いに来ました。


 …、はい、趣味で捜査しています」


言い終わった後、なぜかニンマリです。


趣味ができて嬉しんでしょうね。


熊本課長(岩松了)に言われたことを、素直に受け入れる。


思い立ったら、即実行。霧山君は真面目なんです。


メガネオブザイヤー2006は彼からスタートです。








追伸。


私事ですが、今日(1/15)はお正月以来のお休みでした。


おかげさまでドラマ第一話も一挙に見ましたよ。


気がつけば日記も三連続トークです。


今度またいつこちらに戻れるかわからないのでハリキッてみました。





一月二月はこんなはにゃーんな感じでポチポチいこうと思います。


といったわけで、今年も


“よろしくお願いします”


#ハト時計からの垂れ幕で.






2006年01月15日

着信妙子20件

“プロポーズ記念日 '99.1.15”





かすかにですが、BGMでホイットニーヒューストン


「I WILL ALWAYS LOVE YOU」が流れてましたが、


あれはやはり妙子(片瀬那奈)がビデオ編集をして


BGMをインサートしたのでしょうか。





大切なビデオなんです。


わかります。妙子の気持ち。





小早川伸木の恋』第1話 “孤独なのは夫? 妻?”





動物園の入場門をよじ登る作田カナ(紺野まひる)


「小早川さーん。…いいからいいから」





よかない よかない。


カナさん、こわいです。


こうして、小早川先生(唐沢寿明)はどんどん振り回されていくんですね。


わかります。末っ子長男のカンでね。