2005年11月13日

恋ねぇ

まり子(戸田恵梨香)


「ポイント? そりゃあ最後に、今日は楽しかったっていう言葉だと思うよ。


 …小谷さんが心から言わないと駄目だと思う」





心から。心からの言葉。





Wデート当日、


待ち合わせ場所に来る小谷信子(堀北真希)


「今日は、た、楽しかったです」


先、言っちゃったよ。


いいなぁ、ねらいどおりですよ。木皿さん。


#脚本家:木皿泉.


#『すいか』で向田邦子賞を授賞された時に男女二人組だと初めて知りました.





野ブタ。をプロデュース』 PRODUCE 5





修二(亀梨和也)とまり子が仲良く去っていく後ろ姿を見つめる信子


「の、野ブタパワー、注入」


側で見守る彰(山下智久)。


せつない。せつないよう。


見えた。見えたぜ。冬の大三角形。


#『THE 3名様 〜秋は恋っしょ!』より抜粋.


佐藤隆太x岡田義徳x塚本高史 THE 3名様 2005・秋は恋っしょ!


せつなさの側にozyはいつもいます。








シッタカ(若葉竜也)


「キタネッ」


バチーンと思い出しました。


あの感覚、あの作品、


青春映画の大文字焼き『薄れゆく記憶の中で』を。


薄れゆく記憶の中で


深い心の傷を負っている人にとって、


“その言葉”って大きいんですよね。


傷を忘れようとしても、事実は変わらないままだし。


だから、


その部分を今よりももっと良くしようとしたり、


そこ以外の部分を伸ばすのに見た目以上に


頑張っちゃったりしてるんです。日々。


日々の努力ってやつで。


でも、そこをポーンと言われるの。


ひと言でも“その言葉”を。他人から。


そうか。やっぱりそうか、ってね。


言われた時のことって、ビデオ録画されるみたいで、


時間が経ってもハッキリと再生できるんですよね。


その時の景色とか、まわりにいた人の反応とか、


“その言葉”の音ひとつひとつがクッキリと。


言った本人やまわりの人達からのフォローとかも


入ってたりするんだけど、それは悪いけど余計にせつなくて。


でも、大丈夫なんです。いつか忘れるから。


忘れるようになってるから。








修二


「そんなに会えないのにさ、結婚した意味とかあんの?」


父・悟(宇梶剛士)


「馬鹿だなぁ。なかなか会えないから結婚したんじゃないか。


 結婚さえしておけば年に何回かは会えるだろう?


 …俺のカッコイイとことか、情けないとことか下らないとことか、


 全部知ってくれてる人がさ。世の中のどこかにいると思うだけで、


 俺はいいの。それでじゅうぶんなの」





頂きました。お父さんの言葉、ストライク。






2005年11月09日

初マイル

死に近づくっていうのかな。


急に身近に感じる。


「死ぬかも」って思う。


航空会社の人には申し訳ないですが、


やっぱりよぎるんです。飛行機未熟者ですから。





#羽田空港より出発直前の機内でメモしたものをそのまま載せてお送りします.





何かやりのこしたことはないかなとか、


言い忘れたことはないかなとか、


愛の告白したかったとか、


今これを書いてるメモ帳がそのまま遺書になるかもしれないなとか、


ふと思う。おぉ、動き出した。


ゆっくり、音が大きくなる。死に近づく音。


まわりのご夫人方がガヤガヤ笑ってる。


ほほえましいなぁ。


遠くの方に東京の夜景がチラッと見えた。


むお、カソクしてく。突然くるんだね。


うあ〜う〜かけねー。もってかれる。


字が字が。


ななめ、東京がななめ、夜景がななめだよ。


うぁーキレイ。もう、まだななめだけどキレイだよ。


ご夫人方も息をのむ。静かになるよ。


今東京湾の上かな。


まだまだ揺れる。字もゆれる。


なにこれ、なに揺れ? たてなの? よこなの?


揺れるたびにおば、ご夫人方がケタケタ笑ってる。


また東京見えたよ。そうかトルネードして、


まわりながらのぼってるんだ。


あぁ翼じゃま。いいところに翼があってじゃま。


後方座席だからね。


おう、おうおうこの揺れやってくれるぜ。


うぁ、いきなり夜景。窓ぜんぶ夜景。


ああ、見せたい。あなたに見せたい。


えっと、あの辺かな。あの辺にいるのかな。


こっち見てたらいいな。ここにいるよ。


僕は今ここにいるよ。この空の中にいるよ。


けっこう光のチカチカまで見えるのね。


ネオンなのかな。信号機なのかな。


あぁ、ようやく横向きに戻ったみたい。


ご夫人方がプラスチックの弁当をパチパチ


開け始める音で気づいたよ。





こうして夜景を見てると、キレイっていうより、


なんかこみあげるものがあるよね。


いや、別に気持ち悪くなったわけじゃないよ。


あのさ、自然についてる明かりではないじゃない。


ひとつひとつ人がともしてるわけじゃない。


そこには生活があってさ。


残業に明け暮れる先週の私みたいな人もいれば、


テレビでドラマを見ていて、なんかちょっと笑ったり


時々泣いたりしてるわけじゃない。この光の中で。


ひとつひとつその人にとって大切な光であってさ、


なんていうかひとりひとり生きてるんだよなぁ


って。家にひきこもってる人もいれば、明日のこと


考えると憂鬱になる人もいればウキウキして


「今夜は眠れないぜ」な人もいるじゃない。


こんな大きな光の中には。


うんなんか、自分がまだ生きてるから、無事に


生き残ってるから感じることかもしれない。


飛びたてたから。


まだ生きてます。


生きてるけど、死と背中合わせな時間を


今味わってます。





機内のお姉さんが飲み物いかがすかって聞いてきたよ。


カフェオレなんてあるんだ。それいただきます。


嬉しいな。その笑顔でもう温まるよ。


ありがとうございます。あぁこうやって机を出して、


この穴にカップを入れるんだ。お、ぴったり。


ぴったりしたいクリスマスだわ。では、さっそく


いただき、いただき、穴から抜けない。


ぴったりしすぎてるよクリスマス。


あ、お姉さんも横目で見てるよ。


ここは、スマートに。スーツ着てるしね。


ここはスマーツサラリーマンで。


「ボンジュール、フランス出張な俺」で


「どうする! 俺」みたいな状況で。


よし、引っこ抜けた。


それではいただきます。ズズ。あつっ。


カップがピカチュー柄なのにあつ。ピカー。





ちょっと寝ます。


今日ははしゃぎ過ぎました。


ごちそうさまでした。カフェオレおいしかったです。








追伸。


そんなわけで、福岡に無事到着しました。


今週末までこちらにいる予定です。


今回はノートパソコンを持ってきてまして、


泊まっているホテルのLANからこうして


ネットが見られるようなりました。


もし福岡でもリアルタイムでドラマを見られたら


初の出張先ドラマトークに挑戦したいと思います。





あと、これは福岡空港に着いてから気づいたのですが、


乗っていた飛行機に大きくピカチューの柄がついてました。


こみ上げるものがありましたね。






posted by ozy- at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

戻って飛んで

亜紀(山内奈々)


「ありがとう、おねえちゃん(菅野美穂)」


しみる。しみるわ。





もうね、びっくりしますよ。2週遅れで見てますから。


あいのうた』第2話


#上のリンク先で,先程しみたシーンがマンガ仕立てで見られます.素晴らしいです.





飯塚(小日向文世)


「ひどくない? あいつらみんなでさ。何かパーティーやってるらしいんだよ」


はぐれ刑事ですよ。遅れ刑事。





房子(和久井映見)


「結婚は…してないね、うん。でも男はかなり知ってる」


こわいね。ほおづえ攻撃。








1クッションあるんですよね。


隼(渡邉奏人)のお遊戯会を行く時も、


ストレートに行くんじゃなくて、


一度引き返す。


まぁ途中あの橋に出くわすってのも


でかかったかもしれませんけどね。


最後は走り抜ける。愛ちゃん(仮)





スプリングのバネみたいに。


そのまま置いてあるだけじゃピクリとも動かないけど、


一度ググッと押し込むことでピョンとね。


飛んでいくんだ。これが。