2005年10月17日

嵐かぁ

3週間待って、こんなオチ。


ないわー。





あいのり」#288 Unbelievable


だから好き






posted by ozy- at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺がアネキでアネキな俺で

なにぶん、根っからの弟キャラの私です。


#末っ子長男姉二人(末っ子長男姉三人)


さらに、ヒロコはozyの一番上のアネキと同じ名前。


もちろん実生活で「アネキ」なんて呼んだことないですよ。


今でもフルネームで「ヒロコお姉ちゃん」


ただね、今回はアネキ(伊東美咲)と私、同い歳なんですよね。


ややこしい。





危険なアネキ





勇太郎(森山未來)


「運命ですか?」


いやいやいや、これはね、ふんめい。





そして、病院の廊下を向こうから歩いてくる。


後光がさしてたね。


風が吹いたよ。資料が舞ってね。





アネキ


「姉の寛子です。弟がいつもお世話になってます」


んんめい。これは、んんめい。








力の入れ方がいいね。力点がいいね。


兄弟ものに弱いのかな。家族もの?


あと、これは持論なんだけど


「宮崎育ちの人に悪い人はいない」


それじゃあ今日はこれまで。


あいのり見るから。


さよなら、さよなら、さよなら。





#あいのり見ました