2005年09月21日

「そうね」

自転車に乗って、自分探しをしていると


人のやさしさを感じる。


突然の雨で、どうしようもないまま走っていると、


道行く人が避けてくれたり、


#これは単に危険だからかもしれない.


道に迷い、地図とにらめっこをしていると、


通りかかったおじさんが「どこ行くんだ」と声を


かけてくれたり。こっちは自分探し真っ最中で、


特にあてもなかったため、「ちょっとそこまで」


と答えると何かを察したような優しい声で


「まぁ頑張んな」とかけてくれたり。


そんな、選挙投票日(9/11)だった。


#投票は済.





自分探しをやっていると、変な話だが


今走っているのは自分だけではないような、


なんていうか、何かを背負って走っている気がして、


自分だけの力ではない何かに押されていたり、


引っ張られているような、


それが何なのかわかるまで、私の自分探しは果てしない。





ハチミツとクローバー』chapter.22





花本先生


「ハグ、俺は幸田先生の意見がもっともだとは思う。


 けど、その意見が全てだとは思わない。


 大事なのは、どんな道を選んだとしても、


 それを言い訳にしないことが…」





私事ですが、10月から職場の配属先が変わります。


今の仕事の延長上の業務とはいえ、


次の所でまたイチから勉強して、


ガムシャラについていこうと思っています。


この配属替えの話は、アニメハチクロが始まる前の


3月からあったのですが、ようやく決心がつきました。





そんなわけで、10月以降の日記については


なかなか更新できなくなるかもしれませんが、


TV自体はビデオに録画予約してでも見続けますので、


また気が向いたら遊びに来てやって下さい。





                ozy





追伸。





見ました? ハチクロDVDのCM。





DVDオリジナル・エピソード


第5巻・第7巻に収録!





第5巻「chapter ローマイヤSP」


   CV(キャラクターボイス);山寺宏一


第7巻「chapter 藤原デザインSP」





や、山寺さん!





注目の第5巻は12月23日発売予定っと。


ハチミツとクローバー 5 (初回限定版)


ローマイヤ先輩ファンに贈るクリスマスプレゼントは


これで決まりですね。一緒にローマイヤハムも付けると


よりいっそう喜ばれると思われます。






2005年09月20日

星屑ロンリネス

今日は有給休暇を取りました。


映画『タッチ』を観るためです。


世間一般でいう、タッチ休です。





どうしたことでしょう。


平日の映画館に親子連れの方達が沢山いるのです。


小学生くらいの子達がキャッキャキッキャ言ってます。


自分もそうでしたよ。子供の頃は「東映まんが祭り」で、


うぉーとかどひょーとか言ってたっけ。


上映が始まっても盛り上がり続けるお客さん。


負けてられません。


私は全力でスクリーンに集中しました。


こっちはタッチ休とって来ているのだ。





それにしても、今日のお客さんはタッちゃん(斉藤祥太)と


カッちゃん(斉藤慶太)の見分けがついているのでしょうか。


二人が出演している『ホットマン』ならびに『ホットマン2』を


まだ見ていない方にはぜひともここに来る前にを見て頂きたい。


私のように0.3秒で見分けられます。





ざわざわしていた会場もあるきっかけのシーンから、急に


静かになり始めました。そうだろう、そうだろうとも。


その後も徐々に会場全体がスクリーンに集中している


ような気がします。引き込まれていったんですね。





こうして客観的に楽しんでいられるのは、


私が晴子おばさん(風吹ジュン)に入り込んでいたから


かも知れません。


達也に野球をさせたくない気持ち。何だか沁みてきてね。


達也には短い高校生活を悔いなく過ごしてほしい。


親としては途中で止めてしまったボクシングのことが


気がかりなんですよ。


達也が野球を楽しんでいるのなら、やらせてあげたい。


でも、そうは見えなかった。


人の人生を背負う重み。


和也のことで辛い思いをするのは親の自分達だけでいい。


そういった思いのなかでの、野球反対だったんです。





ただね、ある出来事がありまして。


久しぶりにおばさんの笑顔が戻るんですよ。


なんか、お許しをもらったみたいで。


「私はもう大丈夫ですから」って言われたような気がして、


あとはもう遠慮なく涙目になってましたよ。








だましだましでここまで観てきましたけど、


実は要所要所でカッちゃんのやるせなさに


自分も一緒にやるせなくなってたわけです。





南(長澤まさみ)の胸の奥にわき起こるひとつの感情。


それを知ってか知らずか、アニキはマウンドを


勝手に下りてしまう。


戦おうとしないアニキ、どうしようもない現実、


いらだちは募る。


和也は全てを野球に打ち込んだ。


野球を続けていくしかない。


南を甲子園に連れて行く。


…。





決勝戦、最後の打席の最後の一球、


映画館がひとつになってました。








主題歌のYUKI「歓びの種」


CMで長澤まさみさんに何度か泣かされ済だったのでね、


もうないだろうと。もうね、やっぱり泣いちった。





#YUKI「歓びの種」CMはYUKI公式HPSPECIALのコーナーで公開中.









♪探していたのさ

ヒデ


「恋…できそうですよ」


やったー。


ヒデがついに動きましたね。


嬉しい、嬉しいよ。





えぇえぇ「あいのり」です。





あいのり」#286 “あの言葉を言う日…”





あの言葉ですよ。


かよが帰国した時、どんだけ悔しい思いをしたか。


#246 “2文字の言葉が…”


ディレクター


「もっと単純に好きって言えてればね」


ヒデ


「はい、本当…たった二文字の言葉なのに


 たった二文字の言葉なのに、言えませんでした」


ディレクター


「かよの事好きだった?」


ヒデ


「大好きでした」



このやろう、待たせやがって。


かよの分まで、がんばってこい。











ヒデへ





ラブワゴンにヒデとの写真を残したかった。


真実の愛を目指して頑張ってね。


ありがとう。





              かよ
posted by ozy- at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする