2005年03月23日

nostalgy「冬の終り」

先輩へ
ついに明日は、卒業式です。
この学校で過ごすのも、あと1日になりました。
響子や、美奈子、なっちゃんに、みさきと
同じ学校で会うのも、もう最後です。
今年は年明けの頃から私はずっとふさぎがちで、
学校もあまり好きじゃなくなっていました。
でも、卒業式が近づいていくに連れて、
学校がなんだか愛おしく感じてくるから不思議です。
教室のあのいつもの雰囲気。校庭の花壇。
テニスコート。下駄箱。もちろんクラスメイト。
そして文化祭実行委員の時、通った生徒会室。
彼のいた部室。
みんな眩しく思えてくるんですよ。
そんなに楽しいことばかりじゃなかったのに、
何だかみんな光って見えます。
先輩、これが卒業なんですね。

         卒業式前日 後輩より
追伸。
もうすぐ春が来ます



駅を降りた頃には、もう街灯がついていた。
今年になって初めて見る、少しだけ懐かしい街の景色。
白い雪がまだ積もっていた。
今夜は駅前の小さなホテルに両親と泊まることになっている。
ホテルに荷物を置くと、彼は再び街に出た。
向かう先は前に住んでいた自分の家ではない。
学校へ行くには少し遠回りになる商店街。
店の前で、彼はしばらく立っていた。
見上げると、窓に掛かったカーテンの奥から
ほのかな灯りがこぼれていた。

彼は店の裏へとゆっくり回った。
玄関から少し離れた門の前で立ち止まる。
郵便受けの隣にある白くて小さなボタン。
彼はありったけの勇気を人差し指に集めた。

『3月9日卒業式前日』

“ピーンポーン”
「はーい」
誰かな、こんな夜遅く。

彼女はちょうど先輩への手紙を書き終えたところだった。
家族は皆、出掛けていた。
そのままコートを羽織り、階段を降りる。
玄関のドアノブを少しずつ押していく。

さぶいよ〜。
「どちらさま…です… か・・・」

門の前で彼がたたずんでいた。
彼女を喜ばそうとする彼の笑顔。
サンダルのまま、門の方へと歩み寄る彼女。

ふたりの再会。

うつむく彼女。
彼がここまで歩いてきた足跡をぼんやり眺めていた。
黙ったままの彼。
彼女はゆっくりと顔を上げる。
その瞳を見つけた彼。

しばらく見つめ合うふたり。

照れる彼。
再びうつむく彼女。
流れ落ちる涙の雫。

ゆっくりと流れる時間。
遠くから 列車の音が聴こえていた。

彼女は少しづつ顔を上げる。
自然と笑顔になる彼。
その顔におもいっきり近づく彼女の平手。

音は雪の中に響いていく。

頬の赤くはれた彼。
熱くなった彼女の手。

「アンタなんか、だいっきらい!!」

抱きつく彼女。
羽織っていたコートが雪に落ちる。
声をあげて泣きだす彼女。
彼女をつつみこむ彼の両手。
自然と笑顔になる彼。

「 ただいま 」

「 …バカ 」


明日は卒業式。
そして また別れる日。



『nostalgy』
のすたるじーチャンネル・Liner note

back(3.16)/ next(3/26)



ラベル:Nostalgy
posted by ozy- at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会える。あの人に会える。

“こんなんやられたらワシまいるわ”





ひたすら好きなCMを見つけたら


勝手にお知らせしているコーナーです。


#前回は「アーモンド・マカデミア(バイク篇)」(2.10)





今回まず取り上げるCMはこちら。


大塚製薬「ポカリスエット(走る春)篇」


路面電車、追いかける綾瀬はるか、Mr.Children。


おしい。とてもおしいのです。


ここまでそろっているのに、


何かが足りない気がしました。


#このジャンルになるととても厳しい私です。





それは何か。衝動です。


何故、彼女は走っているのか。


そこが少しあいまいになっているため、


焦点がぼやけているような気がします。


映画『世界の中心で、愛をさけぶ』を撮影していた時の


行定勲監督は若い朔太郎(森山未來)とアキ(長澤まさみ)に


「衝動を自分の中に昇華すること」を求めました。


衝動あってこその青春ダッシュなのです。





続いてご紹介したいのはこちら。


家庭教師のトライ「トライ@HOME(恋の始まり)編」


自転車。坂道。遠くに見える港町。


「坂道」「港町」この2つのキーワードがそろって


しまうと、個人的にゴハン3杯はいけるくちなので、


この辺りはえこひいきしてしまいがちです。


なぜ、さつき(堀北真希)は急いで家に帰るのか。


それは、パソコンの中の「あの人」に会いたいからです。


とてもわかりやすいですね。


私はそこを見せてほしいのです。


一緒になって急ぎたい。ダッシュしたい。


そういう、同じ衝動にのっかりたい願望が強いだけ


なのかもしれませんが、その辺りが“ワシまいるわ”


ポイントになってます。





ちなみに、家庭教師のトライの公式ページをよく見ると、


スタッフクレジットに「脚本・演出:行定勲」とありました。


わかっている人は何をしても、わかっていらっしゃる。


行定監督に改めて感服しました。








追伸。


私も「ポカリスエット(走る春)篇」考えてみました。





カメラアングル1 路面電車の車内から。


後部座席に座る男子高校生、その後ろの窓には


自転車で追いかける綾瀬はるかが映る。





男子高校生(チュンサン風)の隣に綾瀬はるかと


同じ制服を着た女の子(ユジン風)が座る。


#詳しくは『冬のソナタ』第一話をご覧下さい('04.4.10)





綾瀬はるかの自転車が止まる。


窓からフェードアウト。


Music1 Mr.Children、カットイン。


#この時の曲の使い方はエリエール「君にエールを」参照('03.5.18)


もの凄い勢いで綾瀬はるか、


窓に再フェードイン。





カメラアングル2 路面電車を横から。


立ち上がって自転車をこぐ綾瀬はるか。


電車に追いつき、追い越そうとするはるか。


後部座席の二人は気づかない。


路面電車の側面には大きく


「POCARI SWEAT」の文字。


しかし、電車に追い抜かれるはるか。


#「POCARI SWEAT」をもう一度読ませる為にも。





カメラアングル3 学校前の上り坂。


男子高校生(チュンサン風)はなぜか一人で歩いている。


彼の右手にはポカリスエット。


はるか、笑顔で後ろからポカリスエットを奪い取る。


「もーらいっ」


#この辺りからは本編と同じ。


カメラアングル4 はるかにズームアップ。


ポカリスエットを飲む。彼のだけど。


“いっしょに生きてく水”


ポカリスエット








いかがでしょ。


#私は誰に語りかけているのでしょうか。