2005年03月09日

nostalgy「道」

『1月』
高校受験まであと一ヶ月余り。
お正月を過ぎても夕紀の機嫌はすぐれなかった。
溢れる気持ちをおさえ、彼女は受験勉強に専念していた。

『1月7日』
“トルルルトルルル、ガチャ”
はい、もしもし。
「あ、夕紀! わたし」
あ、響子!
「明けましておめでとうございマス」
あ、ハイ。明けましておめでとうございマス。
「今年もよろしくお願いします」
今年もよろしくお願いします。
「年賀状、ありがとうね!」
うん! こちらこそ!
「…あの…さ」
え、何?
「新年早々なんだけどね。ちょっと話しておきたいことがあって」
ん? うん、でどうしたの?
「実はね」
うん。
「浩くん」
…うん。
「…」
彼がどうしたの?
「あのね」
うん。
「…明日から学校じゃない?」
うん、そうだね。明日は…1月8日、始業式だね。
「それでね」
うん。
「浩くん…、明日 来れないと思うの」
えっ? 明日来れないって、なんで?
「うん。たぶん…、明日だけじゃなくって」
…明日だけじゃないって。それって、どういう…。
「うん。あのね」
うん…。
「彼が」
うん。
「・・・引っ越しちゃったの」
えっ!? …ひっこした!?…
「去年の、年末にね」
去年の年末に…
「親の仕事の都合とかで、その…、東京に」
東京に!?…
「引っ越したんだって」
…え、それって誰から聞いたの?
「あの… 今日、先生から」
…あ、そうか。響子、学級委員だったもんね…
「うん。…夕紀?」
…え?
「だいじょうぶ?」
…うん、大丈夫。…じゃないかも。
「…。浩くんってさ、昔から何でも急なんだよね」
そうだね…。
「周りの人の身にもなってみろっつうの!」
そうだよね…。
「まったく…」
うん…
「どうしようもないヤツだよ」
うん、どうしようもないやつ…」
「夕紀?」
うん…
「元気… だしてね」
うん、ありがと。
「…じゃ、明日学校で」
うん。あしたね。
「…じゃぁ、ね」
またね

“…ガチャン”



Dear 浩さま
アホー。ドジー。のー天気ー。
急にいなくなるなバカー。
他の子の足ばっか見てんじゃねー。
このドスケベー。どっかいっちまえー。

はースッキリした。
浩くん、お久しぶりです。お元気ですか?
東京の受験は大変そうですね。
こっちは浩くんが何も言わずにいなくなってからというもの、
よりいっそう勉強に身が入るようになりました。
集中できてますよ。
…うー、また怒りがふつふつとこみ上げてきますが、
お身体にはお気を付けて。
響子も心配してましたから。
私はぜんっぜん心配してないけど。
いちおう、受験のお守りも一緒に送りました。
私も気合いでがんばってます。浩も気合いで乗り切れ!
絶対合格しろ!
                 1月15日
遠い空からあなたに向かってエールを送る夕紀より

『2月』
夕紀は地元の私立高校、響子は地元の公立高校を受験。
浩は東京の私立高校を受験する。
それぞれの道を歩み始めた三人。

浩がいなくなった後も、夕紀のほおづえをする癖はなかなか
なおらなかった。



back(3.02)/ next(3.16)
ラベル:Nostalgy
posted by ozy- at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはいいよね

一日遅れなんすけど、


あいのり」#259 The girls


ソルトの抱え込んでた気持ち、


ちょっと伝わってきた。


他人に入り込まれるのが怖かったり、


本当の自分をいまいち表にさらけ出せなくて


悩んだり。


人との距離感がよくわからなくてね。


周りの人が積極的にこられると


どうしたらいいのかわからなくて、


ちょっと後退りしてしまったり、


逆にこちらから好意を持って接しようと


すると、その気持ちが強すぎてふとした


瞬間、相手が引いているのがわかって


傷ついたりしてね。


だんだん他人が自分の中に入り込んでくるのが


怖くなっていて、そのうち「私はいいから」って


ポジションに自分からひきこもってしまって。


相手も傷つかないし、自分もそう。楽だしね。


そんな自分をソルトもやっぱり変えたくて。


でも、どうしていいかわからなくて。


時間だけが過ぎていて。





そういう抱え込んでる気持ちって、


やっぱり人に話さないと伝わらないんだよね。


話を聞いてもらってさ、ドバドバーっと話して


みるとさ、よくわかんないけど泣いてしまうんだよね。


不思議なんだな。自然と涙が出てくる。





ソルトはおーせにとても感謝していると思う。


きっと、そう。






posted by ozy- at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

ひかりバックアップチームの苦悩

英雄(田中幸太朗)


「俺だって怖かったよ。俺から野球取ったら何も残んないからさ」


私がいる。私がいる。


#ひかりの気持ちに入り込むバックアップチーム(2.18)





ひかり(市川由衣)


「…怒るよ」


うおおおぉ。


#英雄とひかり、二人の思い出の丘から全力で駈け降りる


バックアップチームの雄叫び。





H2 〜君といた日々』story#08





ひかり


「私の初恋は英ちゃんだから。


 …だから、明日の応援には行かない」


比呂(山田孝之)


「おう」


「明日勝っても選抜には行かない。


 …もう比呂の応援には行かない」


これはエールだ。ひかりから比呂へのエールだ。


そう思え。そう思うんだ比呂。踏み越えろ。





ひかり


「ごめんね」


あー、家で比呂と二人で写ってる写真見とるよ。泣いてるよ。


振り切れねえ。ozyは振り切れねぇ。