2005年02月14日

とうとうと流る

ただいま『パッチギ!』から戻って参りました。


#2/13(日)22時に書いてます。





公開している映画館が少し遠くにありまして、


しかも夜しか上映してないということで、


自転車に乗って川を下るような感じで観に行ってきました。





えぇえぇ、今でもフォーク・クルセダーズの


イムジン河」がとうとうと流れていますよ。


#『1980』はYMO('03.12.12)


#『アイデン&ティティ』はボブ・ディラン('04.1.1)でした。


なんなら鼻歌まじりで横揺れですから。





『パッチギ!』サウンドトラック


ザ・フォーク・クルセダーズ


音楽監督・監修:加藤和彦





このアイテムの詳細を見る






またしても「悲しくてやりきれない」に泣いてしまいました。


#『ハチロー』第一話(1.24)


音楽担当が元ザ・フォーク・クルセダーズの加藤和彦さんという


直球勝負でしたけどね、三球三振でした。


ブン・ブン・ブンでダー・ダー・ダーでした。


オダギリジョーさんの正しい扱い方も学んだような気がします。





見終わった後は、川沿いを自転車でこぎながら


帰ったわけですが、途中に何本か架かっている橋を


意味もなく渡ってみたりして、ジグザグ走っている内に


帰りも遅くなってしまいました。少しでも川のせせらぎを


聞いていたかったのもあったし、橋の真ん中でちょっと


立ち止まって、流れる川をうっとりしながら眺めていたり、


川沿いをランニングしているオッチャンに変な目で見られ


たりしていました。





途中、カバンの中にPascoの「もちっとリング」


#「もっちりとしたドーナッツです。」と表に書いてあります。


が入っているのを思い出して、


というのも私は肝心な場面でお腹がグーグー鳴る体質なので、


映画を観る前には必ず何かパンを買ってカバンに忍ばせている


のですが、結局食べずに残っていたことに気づいて、


電灯が点いてる所でいったん自転車を止めて、カバンを


あさっていたら、出てきた「もちっとリング」はもちっと


してなくて、どっちかと言うと「むにょっとリング」で、


私がイムジン河を歌いながら自転車をこいでいた時も、


橋の上でうっとり川を見つめている間もカバンの中では


まさにパッチギ! 状態だったわけです。





電灯に照らされながら、とりあえず一口食べてみましたが、


表に書いてある「もっちりとしたドーナッツです。」とは


程遠く、これは映画の予告編にも出てくるシーンですが、


アンソン(高岡蒼佑)達と一緒に観光バスをどりゃーっと


持ち上げる位のやるせなさがありました。





posted by ozy- at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。