2005年02月09日

nostalgy「あじさいのうた」

こんばんは、先輩。
6月に入ってからずっと雨が続いていますが、
お風邪などはひいていませんか?
私は雨ってそんなに嫌いじゃないです。
こうして部屋の中に響いてくる雨の音を聴いていると、
なんだかロマンチックな気分になってくるから不思議です。
…まぁ、そんなことは置いといて。
私、文化祭実行委員に選ばれちゃいました!
いやー、最初はどうしようかと思ったんですけれども、
まぁ最後の文化祭だし、気合でがんばりたいと思ってます。
今年の文化祭は10月1日と2日に行ないますので、
先輩もぜひいらして下さいね。
                  6月17日 後夜祭楽しみな後輩より

追伸。
最近、気になる人ができました。
最初はちょっと変なヤツだなーって思っていたんですけど、
けっこう優しいかもしれない。
先輩。男の子って女の子になら誰にでも、いいとこ見せようって
思ったりするものなんでしょうかね?



『6月』
夕方から雨が降り出していた。

「うわっ、どうしよう」
夕紀は文化祭実行委員の初めての集会で遅くなっていた。
「家まで走るか」

浩は部室に置き捨ててあった黒い折り畳み傘を差していた。
歩く速度が遅いせいか、普通に歩いている生徒に追い越されていた。
突然、電車が横を通過したような感覚に襲われた。
「あ…」
頭の上にカバンをかぶせて全力疾走する夕紀だった。
「おーい」
「へ?」
背後から声を掛けられ、振り返る夕紀。
「あ」
そこにはよく見た顔がいた。

「何走ってんだよ」
「文化祭の集まりで遅れちゃって」
「そっかぁ…」
「そう」
「傘は?」
「持ってきてない。ねぇ、もう行っていい?」
「お、おう」
「じゃあ」
夕紀が走り出そうとした瞬間だった。
「なぁ」
「何よ」
「…これ、ハイ」
浩は握り締めていた傘を夕紀の前に差し出す。
「・・・いいよ」
「俺、家近いから」
夕紀に傘を手渡し、走り出す浩。
「俺! 家、近いから!」

止まっていた雨音が再び聞こえ始めた。
夕紀はしばらくその場に立ち尽くしていた。

「アイツ、走っても遅いな」


浩と三年間同じクラスの響子に彼の住所を聞いてみた。
夕紀や響子の住んでいる商店街よりもずっと遠かった。


『7月』
あの日以来、夕紀のことを避けてしまう浩。
夕紀も妙に意識してしまい、借りた傘のことをなかなか言い出せずにいた。
浩は忘れ物をしなくなり、ふたりの間で交わされていた数少ない会話も
ほとんどゼロになっていた。
教室の後ろにある夕紀のロッカーの中には折り畳み傘が入ったまま、
一学期の期末テストが始まった。



back(2.02)/ next(2.16)
ラベル:Nostalgy
posted by ozy- at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

バンソーコーは青春の証

花の形をした鏡を使って鼻毛を抜いていました。


ヘックシ


「びっくりしたあ」


元新聞記者の親父(杉本哲太)さんでした。





H2 〜君といた日々』story#04





友人A(山田孝之)「うおおおぉ」


青春は“走る”です。やっぱり。


#参照/『元カレ』の青春度数の単位は“周”で('03.8.10)





春華(石原さとみ)


「真剣に好きになればなる程、辛いことや傷つくことが多くなる。


 それでも、やっぱり人は人を好きになるんだね」


はしゃいだり、落ちこんだり、と思ったらじーんとしてたり、


いろいろだ。いろいろ。





春華


「待ってる時間も、デートのうちでしょ?」


うおおおおぉ








追伸。


鬼頭理三監督。


最後の夕焼け、忘れません。









2005年02月02日

nostalgy「チェリーブラッサム」

先輩
お久しぶりです。お元気ですか?
先輩が頑張っていることは響子からも聞いています。
この春、私もついに中学3年生になりました!
クラス替えはもうドキドキでしたが、響子ともやっと同じクラスになれました!
この1年間がいい年になる気がしてなりません。
…そして今年こそはいい恋を見つけたいなと、ひとりほくそえんでいます。
それでは、また手紙書きますね。
先輩もいい人が見つけられることを祈って。

                  4月7日 先輩思いの後輩より


夕紀と浩は初めて同じクラスになる。しかも座席はとなり同士。
左を振り向けば彼の横顔。そんな浩はいつも無表情だった。
窓に広がる青い空と遠くに見える遊覧船を眺めていたいのに、
気付くと手前にいる浩の無表情がこちらを向いている。
夕紀は左ほほにあるホクロを見られているような気がして、
いつしかほおづえをする癖がついていた。

『5月』
クラス委員になっていた響子の推薦で夕紀は文化祭実行委員の候補に
あげられる。あまり乗り気ではない夕紀だったが、家の手伝いでやって
いるパン屋の売り子のイメージを前面に押し出した響子の熱弁はクラス
を動かした。投票の結果、得票数トップで夕紀は当選。
「中学最後だし」という響子の甘い言葉に丸め込まれる夕紀だった。
浩はというと、投票用紙に夕紀の名前を書き込めるだけで ときめいていた。

コンスタントに忘れ物を繰り返す浩。
「またぁ?」と嫌がる夕紀の顔がまた愛しかった。
「しょうがないなぁ」のひと言が出たら最後、浩の頭の中を
覚えたてのビバルディ「春」が永遠に流れた。
教室の片隅で机をくっつけて、ひとつの教科書をふたりで見る。
何事にもかえがたい神聖な時間だ。
終始、無口ではあったが。
授業中も休み時間も夕紀と交わす会話は数える程だったが、
自分の投げかけた言葉に反応してくれることが嬉しかった。
ひと言ふた言で幸せになれた。

響子はそれとなく隣に座っている浩の印象を夕紀に尋ねたことがある。
「何だろう、変な人」
教科書忘れも激しいし、表情無くて何考えてるかわからないし、
ちょっとした厄介者かな。とのこと。
少しほっとする響子だった。


back(1.29)/ next(2.09)
ラベル:Nostalgy
posted by ozy- at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする